読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しいカツ丼を目指して

ソニックブーム ROUND6、無事終了いたしました。ご来場された皆様ありがとうございました。

 

毎回毎回毎回毎回、イベントの感想を書くと後がなくなるのであまり書きたくないんですが、今回も写真を撮ってない代わりに感想文書きます。許してね。

 

 

今回ワタクシは、公募パフォーマンスで出場した『SixGravity』の皆さんのことを、この場を借りて褒めちぎりたい。

 

SixGravityとは、『ツキウタ。』というCDシリーズ、及びそのアニメ作品に出てくる男性アイドルユニットの名称です。僕はツキウタあまり詳しくないのでこの説明はこのくらいで…キャラクター何人かと楽曲何曲かわかるくらいなんで…ごめん……。

f:id:tessei417:20170123214826j:plain


これの上半分がSixGravity。

 

今回出場したSixGravityは、そのキャラクターたちのコスプレをし、ダンスをする女の子たちのユニットというもの。みなさん普段からコスプレされてる方々(だったはず)。

正直、ダンスがめっちゃくちゃうまかったから感動したっていう訳ではないです。いや普通にうまかったけど、ダンスのクオリティだけを汲み取るのはちょっと違うかなって感じでございまして。

 

何回か言ってますが、僕は絶対にパフォーマーの気持ちや想いが観客に伝わるものだと思っています。少なくともこのSixGravityの皆さんからは作品愛が溢れまくり、CLUB CHANGE WAVEの入り口まで彼女たちの愛で浸かっていました。溺れるかと思いましたが、なんとか空気タンクを背負っていたことにより生存しました。

この愛の伝わり方は素晴らしいなと感動すると同時に、少し不思議な気持ちでした。

ダンス本当にしっかり練習してきたんだなってのは伝わるけど、程度は違えどそれはみんな同じだろうし、好きなアニメ作品の曲で踊るっていうのは、そんなに珍しいことでもないし。

 

僕の予測なので説得力とか皆無ですが、この愛の伝導率の高さは、おそらく彼女たちがコスプレイヤーさんだからこそなのかなって考えていました。

普段からキャラクターに成りきることに徹するレイヤーさんたちは、キャラクターを自分に憑依させることに長けていると思うんです。

他作品の名前を安易に出して申し訳ありませんが、ユーリ!!! on ICEではその「成りきる事」が、表現においてとても重要なポイントになっていることが描かれています。男をポイ捨てする女に成りきる勇利(結局その後カツ丼に成る)、魔女に成りきるギオルギー、そしてJJはJJという最強の自分自身に成りきるときに力を発揮しているような気がします。

なので、成りきることは当たり前にこなして、その成りきるキャラクターのことも作品も大好きで、ダンスという技術面もちゃんと練習してきた彼女たちだからこそ、あの素晴らしいステージができたんじゃないかと思います。好きなアニメの曲だからというだけでは、自分がダンスが得意だからというだけではできない部分、「キャラクターに成りきる」って、なかなか面白いなーと思いました。

 

最近僕がユーリを見てそういう部分を学んだってだけで、確かに今までキャラクターに成りきったレイヤーさんたちのパフォーマンスって、ほぼ確実にお客さんのハート掴んでいたなって思い出しました。やっぱり伝わるもんっすよね。

 

 

 

DJには仙台からネモトさんが参加してくれました。

基本的に気になっているDJさんは僕がネットストーカー済みなので、ああ、この人があの…って感じです。いやずっと見たかったんです。

いつもいつもイクミくんが連れてきてくれる宮城DJの方々は盛り上げる盛り上げる動く動く。ソニックブームみたいなライブステージとDJが一体になったイベントは、まさにピッタリな場所ではないでしょうか。

観客はもちろん、ゲスト出演してくださった方々にも楽しんでもらえていたら嬉しいです。

 

 

 

バンドでは棚からマキコが今回のソニックブームをもって解散ということで、もうステージに上がってきた段階で僕が涙ぐんだことは内緒。それはそれで失礼なんですが、このままでは泣いてしまうと思って、ライブ中ちょいちょい目を逸らしてしまいました。

今までのライブ活動、本当にお疲れ様でした。最後まで口下手で直接ご本人たちに伝えられませんでしたが、結構寂しいんです。また別の形でもメンバーの皆さんと会いたいので、是非ともまた機会があれば。

 

 

 

今回のソニックブーム開催は個人的に色々ありまして不安要素が沢山だったんですが、これまたスタッフたちに助けられました。いつも助けられてはいますが、改めて実感しましたね。

一人では成り立たない上にナマモノなので取り扱いが難しいのがイベントというものですが、だからこそ目標達成に向けての努力や成果は気持ちのいいものです。

一人ひとりに支えられていることを忘れないように。僕が忘れかけてたら頭にトンカツを乗せながら教えてくださいませ。美味しくいただけます。

 

 

 

出演してくれたSign、棚からマキコ、NO!BROTHERS、

つなじさん、まほっっっちちゃん、

りかりん★、かぬかくん、イクミくん、仙台からネモトさん、

公募枠出場のりせのんさん、がちゃらんさん、Free Spirit、ニッコウさん、ざき姉、シュウくん、ウゼータさん、いずみちゃん、たきにきちゃん、SixGravity、

スタッフお手伝いしてくれたコウキさん、たこさん、ちばみちゃん、あきとちゃん、エリンギちゃん、

撮影スタッフのひろさん、いつも写真提供してくれるケケくん、

イラスト描いてくれたあやちゃん、

CLUB CHANGE WAVEのスタッフ様、フライヤー・ポスターの設置にご協力していただいた皆様、

主催のBABOOさん、

ご来場してくださったすべてのお客様、

本当にありがとうございました。めっちゃ楽しかったです。

 

 

 

 

で、自分のDJはどうなんだって話。

まだまだ修行が必要ですね。

こちらはトイレでBABOOさんに感謝される僕です。なんで撮ったの。