読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iTunes vs lame

音質比べの時間です。

以前書いたこの記事。

tessei417.hatenablog.com

tessei417.hatenablog.com

 

その後結局、「iTunes storeの楽曲でも別にいっか!!」となり、何曲かiTunes storeで購入し、「データ購入って便利~」とか言いながらDJでもその音源を使っていたのですが、やっぱりまた音質が気になってきて…。

なんとなーくe-onkyoというサイトでハイレゾ音源の楽曲を試聴しながら、自分の持っているiTunesで購入した楽曲を聴き比べてみたんですが、ハイレゾってすごい。

気にならないっちゃ気にならないけど、一回気にしてしまうと全然違う。

ちなみに聴いたのはナナシスのさよならレイニーレイディ。

 

 

気になってしまったからにはもう戻れない。とはいえハイレゾで楽曲管理するのもな…ということで、やっぱりDJ用の楽曲管理はCDかもしくはハイレゾダウンロードで購入した音源をmp3の320kbpsに変換っていうのが一番かな。って感じに落ち着きました。

ビットレートの低いiTunes storeや、320kbpsで配信しているもののなんか違和感があったmoraから不安なままダウンロードするより、たとえプラシーボ効果だったとしても自分の納得いくやり方が一番いいなと。最終的には気持ちの問題です。

ハイレゾでダウンロードした曲はハイレゾのまま使えたらいいんですけど、他の曲と合わせる意味でmp3に変換して使っちゃいますね。家にCDがあるのもHDDにハイレゾ音源があるのも、非圧縮の音源持ってます的には一緒ってことで…ゆるしてくだせぇ…。

 

で、mp3の変換でも、iTuneslameというソフトでは音質違うぞ!って話を聴いたことがあります。マジか。

そこらへんの記事はもうネットを彷徨えば沢山出てきます。

ui_nyanさんはiTunesを使ったわかりやすい音源取り込み方法も書いてくれていますし。

uinyan.com

 

こちらの記事ではさらに具体的に波形を見ながら実験しています。

michisugara.jp

 

両者の感想で一致しているのは、lameの方が音質良い(気がする)ってところです。

今までiTunesで変換していた自分。lame使おうと思ったら予想以上にインストールと使用方法がめんどくさかったから諦めていた自分。

しかしここまで来たら音質気になってしまいますよね。ていうことで頑張ってlameをダウンロードし、設定を細かく弄り倒し、lameを使って320kbpsのmp3音源を作ることに成功しました!パショコン苦手な自分がよくここまで頑張った!!よくやったぞ!!

 

気になったのは、噂されている(というか実験結果出てる)高音域のばっさりカットの仕方。iTunesで変換したmp3と比較して見てみましょう。一応前回やったiTunes storeの音源、moraの音源も添えて。気まぐれサラダ風に。

 

f:id:tessei417:20161123215732j:plain

f:id:tessei417:20161123215743j:plain

f:id:tessei417:20161123215714j:plain

f:id:tessei417:20161123215753j:plain

マジじゃん。

すげー。マジじゃん。

ちなみに無損失のWAV。

f:id:tessei417:20161123220105j:plain

 

よく見るとiTunesに取り込んだmp3も超々高音域をカットしているんですが、lameはもう目に見えてバッサリ。こんなにカットしてるのに音質はどうなんだって言うと、正直僕では聞き分けられませんでした。んー。

じゃあこのカットされた20kHz付近ってどんな音なのかというと、人間の耳ではほとんど聞こえない音になっています。が、その帯域だけをグイっと持ち上げて聴いてみると、耳に痛いカシャカシャ音が残ります。

iTunesはmp3に変換するとき、全体的にバランス良く残すやり方に対して、lameは超高音域を犠牲にして他をしっかり残す。結果的に耳に痛い部分がなくなるから「lameの方が音質が良い」って言われるのかなって思いました。

 

とはいえここまで行くと本当にイベント中には気にならないほどの誤差の音質だと思うので、320kbpsであればiTunesで変換でも全然問題ないと思います。僕はまだどっち使おうか悩んでますけど。今までiTunesで変換してきちゃったからなぁ。

 

 

そういえばe-onkyoやmora、レコチョクなどの音楽配信サイトでは、どうしても配信されていない曲もあります。それに比べるとiTunes storeは強い。

アニソンはともかく、ヒップホップのちょっとマニアックな曲ってiTunes storeにあればいい方なので、もちろん他の音楽配信サイトではなかなか見つからないことが多いです。

どうせShing02の曲もないだろうなーハイレゾなんてなおさら…と、特に期待もせずにe-onkyoで検索かけてみたら、僕のまったく知らない曲が出てきました。

Shing02はいつも知らないうちにフィーチャリングで参加している曲がリリースされるからディグ力が試される。

soundcloud.com