美味しいカツ丼を目指して

ソニックブーム ROUND6、無事終了いたしました。ご来場された皆様ありがとうございました。

 

毎回毎回毎回毎回、イベントの感想を書くと後がなくなるのであまり書きたくないんですが、今回も写真を撮ってない代わりに感想文書きます。許してね。

 

 

今回ワタクシは、公募パフォーマンスで出場した『SixGravity』の皆さんのことを、この場を借りて褒めちぎりたい。

 

SixGravityとは、『ツキウタ。』というCDシリーズ、及びそのアニメ作品に出てくる男性アイドルユニットの名称です。僕はツキウタあまり詳しくないのでこの説明はこのくらいで…キャラクター何人かと楽曲何曲かわかるくらいなんで…ごめん……。

f:id:tessei417:20170123214826j:plain


これの上半分がSixGravity。

 

今回出場したSixGravityは、そのキャラクターたちのコスプレをし、ダンスをする女の子たちのユニットというもの。みなさん普段からコスプレされてる方々(だったはず)。

正直、ダンスがめっちゃくちゃうまかったから感動したっていう訳ではないです。いや普通にうまかったけど、ダンスのクオリティだけを汲み取るのはちょっと違うかなって感じでございまして。

 

何回か言ってますが、僕は絶対にパフォーマーの気持ちや想いが観客に伝わるものだと思っています。少なくともこのSixGravityの皆さんからは作品愛が溢れまくり、CLUB CHANGE WAVEの入り口まで彼女たちの愛で浸かっていました。溺れるかと思いましたが、なんとか空気タンクを背負っていたことにより生存しました。

この愛の伝わり方は素晴らしいなと感動すると同時に、少し不思議な気持ちでした。

ダンス本当にしっかり練習してきたんだなってのは伝わるけど、程度は違えどそれはみんな同じだろうし、好きなアニメ作品の曲で踊るっていうのは、そんなに珍しいことでもないし。

 

僕の予測なので説得力とか皆無ですが、この愛の伝導率の高さは、おそらく彼女たちがコスプレイヤーさんだからこそなのかなって考えていました。

普段からキャラクターに成りきることに徹するレイヤーさんたちは、キャラクターを自分に憑依させることに長けていると思うんです。

他作品の名前を安易に出して申し訳ありませんが、ユーリ!!! on ICEではその「成りきる事」が、表現においてとても重要なポイントになっていることが描かれています。男をポイ捨てする女に成りきる勇利(結局その後カツ丼に成る)、魔女に成りきるギオルギー、そしてJJはJJという最強の自分自身に成りきるときに力を発揮しているような気がします。

なので、成りきることは当たり前にこなして、その成りきるキャラクターのことも作品も大好きで、ダンスという技術面もちゃんと練習してきた彼女たちだからこそ、あの素晴らしいステージができたんじゃないかと思います。好きなアニメの曲だからというだけでは、自分がダンスが得意だからというだけではできない部分、「キャラクターに成りきる」って、なかなか面白いなーと思いました。

 

最近僕がユーリを見てそういう部分を学んだってだけで、確かに今までキャラクターに成りきったレイヤーさんたちのパフォーマンスって、ほぼ確実にお客さんのハート掴んでいたなって思い出しました。やっぱり伝わるもんっすよね。

 

 

 

DJには仙台からネモトさんが参加してくれました。

基本的に気になっているDJさんは僕がネットストーカー済みなので、ああ、この人があの…って感じです。いやずっと見たかったんです。

いつもいつもイクミくんが連れてきてくれる宮城DJの方々は盛り上げる盛り上げる動く動く。ソニックブームみたいなライブステージとDJが一体になったイベントは、まさにピッタリな場所ではないでしょうか。

観客はもちろん、ゲスト出演してくださった方々にも楽しんでもらえていたら嬉しいです。

 

 

 

バンドでは棚からマキコが今回のソニックブームをもって解散ということで、もうステージに上がってきた段階で僕が涙ぐんだことは内緒。それはそれで失礼なんですが、このままでは泣いてしまうと思って、ライブ中ちょいちょい目を逸らしてしまいました。

今までのライブ活動、本当にお疲れ様でした。最後まで口下手で直接ご本人たちに伝えられませんでしたが、結構寂しいんです。また別の形でもメンバーの皆さんと会いたいので、是非ともまた機会があれば。

 

 

 

今回のソニックブーム開催は個人的に色々ありまして不安要素が沢山だったんですが、これまたスタッフたちに助けられました。いつも助けられてはいますが、改めて実感しましたね。

一人では成り立たない上にナマモノなので取り扱いが難しいのがイベントというものですが、だからこそ目標達成に向けての努力や成果は気持ちのいいものです。

一人ひとりに支えられていることを忘れないように。僕が忘れかけてたら頭にトンカツを乗せながら教えてくださいませ。美味しくいただけます。

 

 

 

出演してくれたSign、棚からマキコ、NO!BROTHERS、

つなじさん、まほっっっちちゃん、

りかりん★、かぬかくん、イクミくん、仙台からネモトさん、

公募枠出場のりせのんさん、がちゃらんさん、Free Spirit、ニッコウさん、ざき姉、シュウくん、ウゼータさん、いずみちゃん、たきにきちゃん、SixGravity、

スタッフお手伝いしてくれたコウキさん、たこさん、ちばみちゃん、あきとちゃん、エリンギちゃん、

撮影スタッフのひろさん、いつも写真提供してくれるケケくん、

イラスト描いてくれたあやちゃん、

CLUB CHANGE WAVEのスタッフ様、フライヤー・ポスターの設置にご協力していただいた皆様、

主催のBABOOさん、

ご来場してくださったすべてのお客様、

本当にありがとうございました。めっちゃ楽しかったです。

 

 

 

 

で、自分のDJはどうなんだって話。

まだまだ修行が必要ですね。

こちらはトイレでBABOOさんに感謝される僕です。なんで撮ったの。

厚底

明日です!!!!!

f:id:tessei417:20170121202049j:plain

ソニックブーム ROUND 6。バッチリ新年のご挨拶ぶちかまします。

午後2時30分から会場入れますので、皆様是非。

バンド・ダンス・歌・DJなどなど、楽しみですね。

詳しい情報はホームページでチェックよろしくです。

http://sonicboom-morioka.com/

 

僕は一番手です。出演者の中ではレベル最下層なので、ソニックブームの底上げ頑張ります。

 

f:id:tessei417:20170121203025j:plain

 

なんのピロシキ

大晦日です。ところでアニメの『ユーリ!!! on ICE』が最高でしたということを言いたい。

f:id:tessei417:20161231230416j:plain

絵もストーリーも演出もテンポも音楽もすべて好きだったので最後までスルッと見れましたし、フィギュアスケーターのキャラクター達の葛藤が、DJでも同じことが言えるなと感じて見ていました。おそらく見る人によってそれぞれ重ねる姿が違うと思います。

 

演技を途中で失敗しても、それを持ち直せるくらいの技術と強い精神があるかどうかが大事で、「ここで失敗したから次の技で巻き返そう」っていうのは、DJの「思っていたよりお客さんの反応が薄いから、次に流す曲はもうちょっと考えないとな」とか、「思ったより時間がオーバーしそうだから、流せる曲はあと数曲だな」とか考えてるときの気持ちに似ているような気がして、失敗したときに落ち込んでいたら絶対に駄目なんですよね。

 

スポーツに疎い僕はフィギュアスケートが技術と演技の二つで採点していることもこのアニメで知ったんですが、選手の中には技術があるけど演技がイマイチな人がいたり、逆に気持ちを込めて演技力がずば抜けていても技術がそこそこな人がいたり。

DJでもめっちゃ繋ぎうまいのに表情がつまんなそうな人がいたり(それはそれでかっこいい人もいるけど)、楽しそうに動いてお客さんをノらせてるけどよく聞くと繋ぎはからっきしな人もいたり。

あとは選曲のセンスとか、その曲はお客さんに合わせたものなのか、自分がどうしても使いたかった曲なのかとか、普段の性格だったり、交友関係だったり。

色んな人がいるけど、スケートリンク(DJブース)に立つときは一人で自分と戦わなくちゃいけなくて、でもやっぱり自分一人の力では限界があって、周りの人たちの応援や嫉妬が必要だったり。

そして最終的には技術力とか演技力は当たり前に必要になってきて、一番大事なのは精神面の管理で、そこが落ちただけですべて台無しになるくらいの結果になってしまうんだけど、それはどんなプロでもモチベーションを保つのは難しいことで、んーーー勉強になるというか、改めて確認させられるっす。

 

あとそういう視点で特に印象的だったシーンがあります。

主人公の勇利が演技するとき、いつもコーチのヴィクトルのことを思って滑ってるんです。ヴィクトルを惚れさせるくらいの気持ちで「僕のことを見てて!」状態なこと。大勢のお客さんが見ているのに。

少し話は逸れますが、某有名フェスの主催の方が「イベントをやって誰が一番幸せになるかを具体的に想像すると、成功するかもぞい」って感じのことをブログに書いていました。

そしてずっと前にテレビで見たんですけど、歌の先生みたいな人が歌下手な人にうまく歌う方法を教えるという番組で、その先生が「誰か一人大事な人に必死で伝えようとすれば、結果的に多くの人間の心を揺さぶることになるぞい」的なことを言っていました。

多くのお客さんを魅了するにはそれぞれの好みに合わせてやらなきゃいけなくて…でもみんな好み違うしな~とかいう安い思考に陥る自分にとって、この「誰か一人を確実に感動させなさい」という教えには、いつもハッとさせられます。今回もユーリにそれを言われた気がしました。

パフォーマンスを披露する上での必死さや想いっていうのは、不思議と事情を知らない人にも伝わるものです。もちろん大勢の顔が浮かべばいいのでしょうけど、一人にでも確実に想いを伝えるようなプレイが必要じゃないでしょうか。

大好きなラッパーShing02のインタビューで言うところの、「ヒップホップをやることが終着点じゃなくて、ヒップホップを使って何を伝えるかが大事だから」ってやつですね。たぶん。違います?え?違います?

 

あとあとあともうひとつ。一番やべぇ、DOPEでILLMATICなセリフだと思ったのは、ヴィクトルの「他人のモチベーションをあげられない人間が、自分のモチベーションをあげられるのかい?」です。逆だと思ってました。確かにその通りですね。

 

 

とにかく良いアニメでした。ちょっと無理して「DJ的には~」って感じに感想を書きましたけど、もう本当にそんなの関係なく最高のアニメでした。劇中曲CDまだ買ってません。買う用意はできています。よろしくお願いします。皆さん、よろしくお願いします。

 

 

 

大晦日ですね。あと一時間ほどで年が明けます。今日は鼻毛を抜きました。良いお年を。

f:id:tessei417:20161231225843j:plain

DJ呼吸法

DJ論っていう言葉をよく聞きます。DJに関してああでもないこうでもないとネット上に垂れ流しにする行為を、よくそういう風に呼んだりします。

誰かが問題提起すると連鎖反応してみんなが自分の考えを重ねていったりします。たまに自分もその波にさらわれて何かめんどくさいこと書いちゃったりもします。※なるべくプラスになるように考えて考えてこのブログに書いたりもします。

でも結局いつも結論が出ないまま、というか議長もいないんでまとまるわけがないんですけど、みんながみんなに喧嘩売って終わりになっています。なんか勿体ないなぁっていつも思います。DJってめんどくせーやつらだな!っていうことしか印象に残らないので。

 

誰かのDJ論は自分のDJスタイルを見つめ直すきっかけにもなるので、百害とは言いませんが、五十害くらいあって七利くらいしかない、みたいな感じですかね。

なので、ネット上でDJ論が激化しているときは何も反応せず、自分の心が壊れない程度に誰かの反応を見ていると、そこそこ勉強になるかもしれませんね。現場経験の方が何億倍も得るもの大きいですけど。

 

っていう日記すら危ないくらいDJ論は危険物ですが、せっかくなのでひとつ。

アニソンDJはよく「見てないアニメの曲は流すな問題」の話に花が咲きます。よくも…俺の大好きなアニメの曲を…何も知らねぇで…流しやがって……みたいな感じ。お客さんにもDJにもいるそうです。

これに対する僕なりの考えは、「そもそも実際そんなこと言う人います?」です。身の回りではそんないちゃもんつける人あんまり会ったことがないです。僕みたいな活動範囲狭い弱小DJでは経験したことがないですね。

ネットでいろいろ見ているとそういう人もいるみたいで、「DJはこの曲流したら、サビでこの動き(アニメのオープニングで使われているダンス)しないとだめだろ」って人もいました。マジかぁ~…俺アニメ見てても恥ずかしくてダンスできないや…。ハードル高いなぁ。

 

どうしても最終的には最強の言葉「人それぞれ」になるので、僕としては、アニメ知らないでそのアニメの曲流しても愛が伝われば許される環境のイベント作りが大事かなって思います。もう甘えとか言われてもいいです。ギスギスしたんはやりとうない。

 

「アニメ見てねぇのかよ氏ね」ってオタクはマジで言ってくるので怖いんですが、この前言われた「ユーリ1話しか見てないのにエンディング曲流すのは罪ですよ!!!」はめっちゃ面白かった。そういうノリはむしろウェルカムです。無知な僕に色々教えてください。

ちなみにそれ言われたのはB2Bで出てたときなんで、ユーリエンディング流したのは相方のほうです。勘違いです僕流してないです。でも見るよ。ユーリはマジで見るから。ちょっと待ってて。罪人にしないで。

 

 

アニメ見てないDJ反対派の人たちはみんな、愛のないDJプレイが許せないんだと思います。好きだったアングラなアーティストがメジャー行って話題になったけど、今ファンになったやつはインディーズのころの音源知らないくせに!と同じ感覚かなぁと勝手に思ってます。

でもたとえば僕Shing02好きなんですけど、Shing02の曲をShing02知らない人が流してても嬉しいけどなぁ。アニメとなるとやっぱ別か。

 

話ズレますが、DJにいちゃもんつけるといえば、昔知り合いのDJさんが毎回L-VOKALのSTEP UPをリミックスの方で流してて、「俺オリジナルの方が好きなんすけどなんでリミックスばっか流すんですかぁ!」って訊いたら、「オリジナルの方ビートがちょっともたってるんだもん…使いづらい…」って言ってました。

 

 

 

 おい!改めて聴いたらドラムそんなにもたってないぞ!合わせられるだろ!あいつめ!原曲だよ!原曲を流せよ!!!うおおおおおおおおおおお原曲厨

今聴くとリミックスもいいな。BACH LOGICさんだったのか。

 

 

 

 

 

ZAZEN BOYS吉田一郎さんがソロでアルバム一年前に出してたことを最近ようやく知りました。めっちゃいいですね。

 

しゅきしゅきだった夜を使い果たして

12月8日、しゅきしゅきナイトくりしゅましゅしゅぺしゃる無事終了しました。

最後でも沢山のお客さんに来ていただいて終始幸せな気持ちでございました。ありがとうございます。

 

毎月第二木曜日に、仕事を終えた後すぐに盛岡まで車を走らせて、イベントが終わるとまた来た道を戻って次の日仕事って生活は大変でしたが、一年間休まずに続けられたのは、自分の仕事が暇だったからというだけではない気がします。移動距離を考えると憂鬱な時もありましたが、それでもイベントのことを考えているときはいつもウキウキしていました。

 

しゅきしゅきナイトという名のもとにDJが自分の好きな曲を流すイベントなので、毎回流れる曲のジャンルも違っていましたが、不思議といつも同じ会場の雰囲気を作り出すことができたかなと思っています。それが身内ノリになりすぎてはいなかったと信じたい。

アニソンクラブイベントやアニソンライブイベントだと、どうしてもド派手でワイワイっていうイメージがあります。もちろんそれもそれで楽しいんですが、それとはまた少しズレた、いい意味で「日陰」の位置にいられたような気がします。あの空気が出せたのはお客さんに恵まれたお陰です。日陰者に付き合ってくれてありがとう。

 

今年の1月からりかりん★が指揮を執り、BABOOさん、イクミくん、かぬかくん、僕でしゅきしゅきナイトが始まって、2月にはすぐバレンタインしゅぺしゃるがあって、ゲストに宮城からBさんが来てくれて、Bさんがちょくちょく「盛岡に帰りたい」とか言ってくれていたり、レギュラーにヒップホップ好きということで僕が勝手にツイッターで気になっていたイモゴシックくんが加わったり、開始早々もぞもぞと動きがありました。

4月にはお客さんでいつも来てくれているりんりくちゃんにも出てもらったり、6月にはまた僕が勝手にツイッターで気になっていたせんとくんがイモくんの繋がりで出てもらったり、せんとくんの持ち込みのXDJ-RXを使わせてもらって「便利だぁ…」と思ったり。

8月は大しゅきしゅきナイトがあって、お会いするのも久々なゼットンからもこさんに出てもらったり、ダンスショーケースにつなじさんとエリンギちゃんとよっちちゃんを呼んで、少しだけLEVEL5を思い出したりもしました。大しゅきしゅきナイトの時に作ったロゴステッカーは自分の創作物の中で一番好きです。

11月はシュウくんのDJデビューでした。ダンサーとしてはよくステージに立っていましたが、DJとしては初めてのステージにしゅきナイを選んでくれて嬉しかったです。なにより「出たいです」って出演者に言ってくれるの、本当に久しぶりの経験でした。むしろ自分が見習わなければいけない姿勢です。

 

定期開催で平日ってこともあって、レギュラーDJも全員揃うことは稀でしたし、ゲストで参加してくれた沢山の出演者にも助けられました。それぞれの生活や仕事を考慮してイベントを続けていくって本当に大変なことです。特にDJは個人プレイのように見えて団体芸なので、意思疎通や思いやりが大事です。

 

本当に本当に出演者、会場スタッフ、お客さんに支えられて続けられることができました。平日定期開催は難しいので形は変わるかもしれませんが、この流れを汲んだイベントは必ずまたやりたいと思います。実際プレイする機会の少ない素晴らしい出演者が身近に多すぎるんですマジで。自分のDJする時間なんか他の出演者にあげたいくらいです。これからも楽しいイベント作るぞ!

 

 

主催のりかりん★、レギュラーDJのBABOOさん、かぬかくん、イモゴシックくん、途中で仙台に行っちゃったけどちょいちょい戻ってきて出てくれたイクミくん、ゲストで出てくれたBさん、りんりくちゃん、もこさん、ほぼ準レギュラーくらい出て助けてくれたせんとくん、DJデビューしたシュウくん、ダンスで出てくれたつなじさん、えりんぎちゃん、よっちちゃん、FACESスタッフの皆様、そして一度でもご来場いただいたお客さん、

改めまして一年間ありがとうございました。みんながいた夜が好きでした。

 

 

 

 

で、最終回のしゅきしゅきナイトくりしゅましゅしゅぺしゃる。久々にFACESのサブフロアCOLORSでの開催でしたが、またCOLORSの様子が派手になってました。見てこれ。このモニター。

イクミくんが凄腕エモバンドのドラムが片手間でDJしてますくらいに見えますね。

 

「ヒップホップしか流さないっす」とか言いながらアニソンリミックスのおイモくん。自分でPerfumeのSEVENTH HEAVEN流しといてフロアに降りてきて「無理…」とか言ってました。

 

諸事情ありましてDJお休み中のはずが客として来場したら「DJやりたい」とか言い出したBABOOさん。

いつも通りの選曲で次流す曲も僕たちに見破られていました。昔よく聴いたよその繋ぎ。セイキさんとマッチさんでよく聴いたよ。

 

僕とりかりん★のB2Bユニット『鉄子の部屋』。ユニット名へのつっこみはゼロでした。

f:id:tessei417:20161211222629j:plain

 

酔っ払って踊って楽しかったぜ。

踊りすぎてお客さんたちとあまり話せなかったのが心残り。またね。

 

エンディング曲はこちら。

soundcloud.com